ワックスの購入をご検討ならココ |

心配していたより、楽です。塗るのは簡単でしたが!量が多すぎたのか!ふき取りが足りなかったのか!少しベタベタしましたが!次の日には!サラサラになりました。リビングダイニングはあと少しで終わるので!次は子供部屋や寝室にとりかかります。

これっ♪

2017年01月26日 ランキング上位商品↑

ワックス【送料無料】AURO アウロ No.129天然油性オイルワックス 0.75L

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

18畳のリビングに2缶購入しました。さらに、サンプルでいただいたシートを楽しみに使いたいと思います。ただ!一度使ったコテは専用洗浄液で洗わないと捨てるはめになります。ふき取りが大変でしたが。撥水効果は確かにありました。厚塗りにならないように注意しつつ!塗り残しがないようライトを当てて確認したり(無垢床なのでどうしても板にうねり?が出てきてるので要注意です)神経使いました(汗) タイマーで10分ちゃんと測って拭き取りましたが!それでも2度目は結構力が必要で大変でした。うちは塗ってから3日はにおいました・・・施工後は薄くニスを塗ったような感じになり通常のワックスのようなテカリはありませんが自然な感じで気に入っています。私は時間のある時に少しずつと考えていたので洗浄液か追加のスポンジが必要だと後で気付きました。そこは注意が必要です。フローリングのキズやへこんだ部分が濃い色になっているのも含めていい味が出たと思います。傷んで白茶けてしまった床でしたが、ツヤが戻り、ワックスの効果に驚きました。キズの目立つ部分をサンダ―で削り、AURO129ワックスをかけました。無垢のパイン材をサンダーを使って表面を削り!このワックスを塗りました。思ったより簡単で乾きも早いのでワックスがけ自体はすごく楽でした。手順は簡単ですが!自分の手足が塗布面を汚すので!ひざにタオルでサポータを巻いたり!ゴム手袋をした手を床に着く部分はタオルを置いたりしました。10分で余分なワックスを拭き取らないと乾きが遅くなりベタベタするらしいので!雑巾で表面を拭き取りました。サンダ―がけによる粉じんで、掃除がものすごく大変でしたが、しっとりツヤツヤの床はまるで新築のようです。オレンジの臭いはかなりきついです。乾くまで靴下をはいていました。冬はワックスの乾きが良くないので、扇風機の風をあてると乾きが早くなるのでオススメです。塗る面積が大きい人はコテパケセットは必要だと思います。水もはじいて汚れが付きにくくなりました。塗る前に準備不十分でしたから!綺麗に塗れなかったです。においはオレンジの香りですが結構きついです。自然なツヤと天然の香りで癒されます。一度このワックスをしたら次回からは簡単な拭き掃除で済むと思い頑張りました。ペットのおしっこ対策としてハードワックスも塗るつもりです。とても塗りやすくて素人の私にもできました。塗った後は濡れている感じのままの色になります。自分でリビング!キッチンを塗りましたが乾くのが遅く足形ができてしまいました!完全に乾くのには半日以上は必要でした!付属のはけも購入。20年近い汚れが蓄積して黒ずんでいたフローリングが明るくなりました。床は特にしっとりしたので!木目が浮き出て!いいです。ふたの簡単な開け方があれば是非知りたいです。灰色の靴下でしたが、黒光りしてゴワゴワになり処分しました。ニチャニチャしなくなったのはようやく翌日。3日程で完全に乾きました。そして乾燥する時間は長いからちょっと不便ですね。匂いは、3日間位残りました。WAXがけってこんなに簡単だったのかと驚きました。今日届いて、今日施行したので、落ち着いたらどうなるかわからないのでマイナス1にしてますが、お店は丁寧な感じだし、良かったです。塗った後の拭き取るタオルはスーパーの袋に入れていたらかなりの熱を帯びていて!目にしみる湯気が出たりしてちょっとびっくりしました。これ、厚塗りしすぎちゃったり、時間オーバーしたりしたら、すっごく大変なのではないだろうか・・。水ぶき代わりの水性ワックス(AURO431)は年に1〜2回使ってきましたが!それでは間に合わないほど汚れが目立ってきたので!今回大規模メンテナンスをすることに。とても簡単にぬれました。仕上がりには!満足しています。やり方が悪いのか、15畳プラス玄関や無垢材の家具に使用しましたが、4分の1くらいしか使いませんでした。以前からNo.431のワックスを使っていましたので、AUROのよさはわかっていましたが、今回新居に無垢床をいれたので、入居前に塗布しました。塗ってる最中はまだいいんですが!塗り終わった後は家中に臭いというか香りというかが充満していて!家族から「臭い!臭い」と言われました。花火のあとのように!使い終わったタオルは水を張ったバケツを外に置いておいて入れていったほうがよいとおもいます。最初の塗り始めは特に注意が必要ですね・・私はローラーで塗ったのですが!かなり絞らないと超厚塗りになってしまいます(涙)施工後10分でふきあげと記載されていましたが10分ではあまり無垢に浸透していませんでしたのでうちは20分ほどしてふきあげました。まだ1回しか施行してませんが、雑巾で塗り、雑巾で乾拭きをしました。塗った当日(半日乾燥後)はまだ床がべとつく感じでしたが、次の日にはさらさらになり、素足に気持ちがよいです。天然のワックスがよく購入。無垢材の床に使用しました。天気とか日当たりとか空気の乾燥度合で10分でも乾き具合が変化します。はじめはやる気が必要でしたが10分の拭き取り後は少々歩いても平気でした。塗った床自体から刺激的なものを感じることはありませんでしたが、後始末には十分な注意が必要かと思います。まだまだ使えますが!発火する可能性があるというので心配。乾いてた床がしっとりした感じで、無垢材の家具もしっとり。説明書通り!塗り過ぎると表面にベタベタが残るので!薄めに塗るのが良いようです。子どもがいるので、安全なものを…あと、丸6年何もしてこなくて、時々、素足にトゲが刺さることがあり、急いでメンテナンスを…と、辿り着きました。方法は!コテも同時購入していたので簡単に塗り広げられました。オレンジの香りで臭くはないですが!それでも長時間嗅いでいると具合が悪くなりました。また!乾くまでにかなり時間が掛かりました。作業するには塗っているところと塗っていないところがはっきりわかって作業しやすかったですが、元の木の色も好きだったので、それだけは残念でした。白っぽかった床が黄色っぽく濃い目の色になりました。完全に乾いたと思うまで3日掛かりました。スリッパが必需だと思いました。乾いた後は、流し周辺で水をこぼしても、見事に弾いてくれました。臭いもきつくなく!塗りやすかったです。ツールは100円でローラーを購入し、全体に浸してコロコロしました。水性と油性のどちらにするか迷ってメーカーに問合せたところ、油性の方が塗りやすいとのことで129に決定。コテパケを使い、約18帖を2度塗りして2缶を消費しました。塗るのは問題なく簡単には塗れました。商品も仕上がりも満足ですが、容器のふたが開けづらく結局ペンチで引っ張って開けました。しかし!拭き取り作業で大汗!腰と膝が痛くなりました。説明書にあまり詳しく塗り方は記載されていませんので初めてワックスされる方はメーカーに問い合わせてからの塗装をお勧めします。(まだ一部だけですが)サラサラした液体で、ワックスは簡単に塗れました。仕上がりはしっとりサラサラしています。天然パワークリーナーを使ってからこちらの油性ワックスを使いました。素人なので、うまく塗れませんが満足です。。2度塗り推奨ですが、まだ一度しか塗っていません。ワックスはスポンジにしみこませて塗りました。これから塗る方は、換気を忘れずに。天然無垢材塗装なしの床で、新築後8年を過ぎ、犬の爪による傷や水をこぼしたシミなどがかなり目立ってきました。ローラーやハケは使ったことがなく、道具をそろえたところで使えるかどうか不安だったので、手ぬぐいに少しずつ付けながら、ぞうきんがけのように塗りました。翌日!2度目の塗りを行いました。もう一度重ねて塗るか!この上に固形ワックスを塗るか考え中です。お薦めの通り!変塗りやすかったです。N0.129は!初回の塗布後はN.431でメンテナンス可能なところがよいですね。